体内にある最大の臓器である肝臓

肝臓は重さ1,000〜1,200gあります。横隔膜のすぐ下、胃の隣に右上腹部をほとんど占めている最大の臓器です。

 

肝臓の働きは主に3つあります。まず代謝は、食べ物からとった糖、たんぱく質、脂肪を体内で使える形に変えて貯蔵し、体内で必要になった時エネルギーとして供給してくれます。解毒は良く耳にすると思いますが、アルコールや薬、老廃物などの有害物質を分解して、体に悪い影響を与えないようにしてくれます。

 

さらに肝臓で作られた老廃物を流す胆汁を生成、分解します。胆汁は脂肪の消化吸収を助ける消化液で、肝臓はそれをスムーズに働かせる場を作っています。この3つが中心ですが、他にもビタミン・血液貯蔵など色々な働きをしています。その役割は非常に重要で肝臓を悪くした時には様々な症状が出てきます。

 

しかし、肝臓は体内で最大の臓器でありながら、黙々と働く沈黙の臓器と言われています。その理由としては、肝臓は非常に再生能力、代償能力に優れていて、多少のダメージを受けても残った正常細胞が余分に働いて、働きを維持します。痛みなどの症状が余り出ない事から、私達は異常に気づかず、おかしいと感じた時には病気がかなり進んでいる事もあるので、何かサインがあった時には放っておかない事ですぐに肝機能改善のための行動を起こすことが大切です。

 

比較的軽い病気には、食べ過ぎによる肥満やアルコールが原因の脂肪肝があります。これは、生活習慣を改善するだけで軽くなります。日頃の食生活やストレス、睡眠不足を見直しながら生活する事を心がけましょう。そのまま、改善せず生活を続けると、肝機能が低下し、脂肪肝から肝炎、肝硬変、そして肝臓がんを引き起こしてしまう事もあります。予防をし、肝臓を守る努力が必要です。

 

肝臓の負担を軽くするために、肥満、糖尿病、アルコールは注意しなければいけません。適度な運動をしてダイエットをし、お肉、お魚、野菜をバランスを良く摂取し食事量を減らす事も大切です。肝臓に良い食事・食品ははタウリンがあり、コレストロール値を下げ、肝臓への負担を減らしてくれます。カキなどの貝類、イカ、タコに多く含まれていますので、食事に取り入れながら肝臓をケアしていきましょう。